スケジュール感


転職スケジュール

ここでは、転職・再就職のための準備に関して、何をいつまでにどれぐらいするのかを示しておきたいと思います。

多くの転職・再就職を希望される方は、「今の環境から脱したい」、「もっとキャリアを上げたい」、「もっと給与をもらいたい」、「もっと休みが欲しい」、「生きがいのある職に就きたい」等、様々な理由(本心)があるかと思います。

しかし、なんの準備もなしに徒手空拳で転職や再就職に望むことは、武器を持たずに狩りをするのと同じで、上手くすれば小さなものは捕れるかもしれませんが、決して大物を捕らえることはできません。

転職時期・再就職時期は、希望退職や退職勧奨など期限付きの場合を除いて、自分自身で決められるものですので、ある程度のスケジュール感をもって臨むべきだと考えられます。

そのスケジュールについて、モデルで示したいと思います。

アクションを起こす6箇月前迄

自身の進路を見極める時期であり、本当にやりたいことを積極的に考えて、まとめる時期です。また、なぜ今のままではダメなのかを、あらゆる観点から見ることが必要です。

今の職場で我慢できることとできないこと、将来自分の望む姿が得られるかどうか、またこれらの確率もおおよそ頭の中に描いておくことが必要です。

例えば、今の会社での自身の目標が達成できる確率が3年後、5年後、10年後、20年後、そして退職後の人生と順に見ていくことが大切です。ここでは、他人の意見は不要です。自分でどう思うか、自身でどう進みたいのかを見つめる時期です。

アクションを起こす3箇月前迄

自身の進路希望や進みたい環境をより「身近に」するための準備の期間です。望む業種・業界、企業ごとに必要とされるような、あるいは身につけておくことで採用時、入社後に役立つと考えられるスキルや知識を身につける期間です。

例えば、望む業種・業界が海外展開をしているのであれば、英会話など簡単なスクールや通信教育を受けておく、営業志望であれば、コミュニケーション能力やマーケティング能力を身につけるための通信教育、セミナー、各種講座を受けておくことになります。

特にエンジニア系の方の場合ですと、より高度な技術知識を学んでおくことが有利に働きます。

この期間はあくまでも目安ですので、自身の現在の状況や環境に合わせて考慮してください。

アクションを起こす1箇月前迄

さて、いよいよ具体的な転職先・再就職先の選定になります。この期間まででも結構ですが、転職サイトへの登録を行います。また、この時期には、履歴書、職務経歴書などの準備は済ませておくことになります。

転職回数の多い方は既に経験済みでしょうが、再度自身の履歴・経歴を見直して原本の作成に時間を使ってください。転職サイトに登録する際は、この履歴書、職務経歴書を原本に写し込む形で登録作業を行います。

転職サイトには、正社員用、契約社員用、派遣社員用など様々な「働き方」別にサイトが構築されていますので、その点を十分理解したうえで登録することをお勧めします。

主な、転職サイトとしては、「リクナビ」「マイナビ」「DODA」「ジョブセンス」などがありますが、この他にも多くのサイトが存在します。

転職サイト登録での注意点としては、あまり数多くのサイトに登録すると募集企業が重複する可能性もあります。これは、募集企業側で複数の転職サイトに依頼しているケースがあるからです。また、派遣会社の運営する転職サイトも多くありますので、「働き方」の選択には注意してください。

独学では不安なら

個人サイトの体験談というミクロな視点のほかに、大手予備校の講座というマクロな視点も情報として役に立ちます。アビバの公務員講座では、30才代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。講座の内容を知りたい方は資料請求をしてはいかがでしょうか(無料)。



さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座もあります。興味がある方は、まず、資料請求することをお勧めします。 アビバの公務員講座

関連記事

  • サイトポリシー 運営者情報 運営者名 : 転職管理人 連絡先  : komutenn@...
  • 成功事例(技術職) 技術職の成功体験 転職や再就職に成功した転職仲間のうち「技術職編」を取...
  • 転職に有利な社会環境 転職・再就職の好適環境 転職や再就職を考えられる方々は、その時期的環境...