コネ採用・縁故採用


コネ採用の経験談(被害者)

私は、コネ採用(縁故採用)のせいで、時間とお金をムダにされた経験があります。まず始めにその経験談を披露します。首都圏の市町村ではありません。地方の小規模市役所です。

コネが必要だったということですが、ホントにばかばかしい経験でした。ただの恨み節です。

この市役所の経験者採用試験は、採用予定人数は「若干名」で、申込用紙の提出は「平日に持参のみ」でした。いろいろな市町村について調べていましたが、普通は郵送可ですので、珍しい制限でした。私は、会社を午後から半休を取って休み、新幹線で地元近くまで帰って提出するはめになりました。

受付時間は夕方5時までで、私が到着したのが4時40分くらい。前の人の申し込みが終わるのを待って、私の申し込みも受理してもらいました。このとき、5時になっていて、私が最後の申し込み者でした。

筆記試験の日、受験者数は50人くらいで極めて少ない規模でした。民間経験者採用にも関わらず、平日に持参することが要件でしたので、当然と言えば当然です。

私が最後の申し込みでしたので、受験番号も最後かと思いきや、後ろにもう1人、「最後の1人の男性」がいました。

このときは、単に事務処理の過程で番号に入り繰りがあったのだと思っていたのですが、この「最後の1人の男性」が、のちに唯一の最終合格者になりました。

私は筆記試験に合格し、次の試験の集団討論に進みました。ここに進んだのは8人のみで、1グループで討論しました。私の見立てでは、「私」、「切れ者の男性」、「受付風の女性」がトップ3で、最終面接に進むかと思いました。

「最後の1人の男性」は、40分の討論の中で発言をしたのは1回だけで、しかも、クリティカルな意見ではなく、言っても言わなくていいような平凡な意見でした。

そして、私は集団討論に合格し、最終面接に呼ばれました。残ったのは4人で、「私」、「切れ者の男性」、「受付風の女性」、「最後の1人の男性」でした。

なぜ「最後の1人の男性」が残っているのか不思議でしたが、このときは、「ライバルになりえない人なのでラッキー。実質3人の勝負か。」と思っていました。

最終面接は個別面接でしたので、他の人の内容は分かりません。結果、合格したのは1名だけで、「最後の1人の男性」が合格しました。

40分間も一緒に討論すれば、切れ者なのか凡人以下なのかだいたい分かりますが、「最後の1人の男性」は凡人以下でした。

この凡人以下を採用するために、その市役所で民間経験者採用試験を実施したのです。50人の応募者を集めて、結果、この茶番かと絶句しました。

自分が不合格になったことよりも、時間とお金をムダにされた怒りが収まりませんでした。コネ採用をするならひっそりとしてもらいたいものです。

現在、私も既に別の市役所に採用された身ですので、どこの市役所だったかは、今さら公表するつもりはありません。

このように、地方の小規模な市役所ではコネ採用は実在します。有力な市議会議員や国会議員、同和団体のコネになります。残念ながら大半の人にはこのような強力なコネはなく、そもそもコネ採用を目指すのは無理だと思います。

大都市でのコネ採用

コネ採用とはコネクション採用の略称です。

私が転職した市役所は、人事委員会を置いている政令指定都市です。試験採用に限っては、同期や後輩の話を聞いても縁故採用の話は噂も出てきません。

前の会社での経験上、実際にあれば、噂くらいは立つものです。人事委員会を置いているくらいの大規模な市役所では、さすがに、裏ルートのコネ採用はできないものなのだと思います。あくまで、「試験採用に限っては」です。

技能労務職のコネ採用

私の市役所では、技能労務職員の採用もあります。学校の用務員や下水処理場の現場の作業員のことです。よく耳にするコネ採用の話は、この技能労務職の話なのです。

技能労務職員については、どこの市役所でも退職不補充で自然減員を目指しており、採用人数は減少していますが存続はしています。

採用形態は試験採用とは別で、「選考採用」というもので、試験を実施しないものです。手作業の作業効率の測定などと面接だけで採用しています。

聞こえてくる話では、この採用では、未だに半分くらいの方がコネ採用のようです。同和団体の圧力と、素性の知れた人間を採用したいという採用側の思惑が一致するのでしょう。

この技能労務職というものは経験者採用とは全く別物です。

民間会社での縁故採用

一方、私の前の会社では、採用者の25%くらいがコネ採用でした。40人の採用枠で、10人くらいです。

民間会社はコネがものをいう世界ですので、コネ採用は公務員よりも多いです。誤解されがちなのですが、自社の社長や専務の息子を採用するという縁故採用ではありません。

一部上場企業では、会社は株主のものであり、役員の私物ではありませんので、そんなことはできませんし、しても会社になんのメリットもありません。

縁故採用する学生は、取引先の重役の息子や娘です。

企業活動では、素材・原材料を購入したり、1次加工品を販売したり、流通企業に卸したりと企業間の商売が多くあります。

どこの会社と取引するかは、単純な価格とサービスの質だけではなく、これまでの付き合い株式の持合い具合も大きく重視されます。

創業100年に迫る伝統ある会社では後者を重視する傾向が強いです。そこで、取引先の重役の御子息を従業員として迎え入れ、関係を強化する作戦です。

ぼんくら息子で仕事が一切できないような学生であっても採用してあげて、年間500万円くらいの給料で恩を売って、年間何億円もの商談を維持する作戦です。

優良企業に採用されるには、なにか光るものが必要です。頭がすごく切れるとか、人当たりがすごいいいとかも才能ですが、親が偉いというのも生まれ持った才能なのだと思います。

正直、コネ採用を狙えるくらいのいいとこの家の出なら、公務員よりも民間会社を狙った方が簡単だと思います。人生、公平なことなんてありません。

独学では不安なら

個人サイトの体験談というミクロな視点のほかに、大手予備校の講座というマクロな視点も情報として役に立ちます。アビバの公務員講座では、30才代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。講座の内容を知りたい方は資料請求をしてはいかがでしょうか(無料)。



さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座もあります。興味がある方は、まず、資料請求することをお勧めします。 アビバの公務員講座

関連記事

  • 中途採用の初任給 初任給の提示 私の転職1年目(およそ30歳)の実績は、年収540万ほど...
  • 採用されにくい人物像 私は民間会社の人事部で勤務していましたので、その経験談をお話しします。...
  • 出世できるのか 係長への昇任 中途採用で公務員に転職した後に、出世できるのか不安に思う...