転職に有利な社会環境


転職・再就職の好適環境

転職や再就職を考えられる方々は、その時期的環境や社会環境をよく理解したうえで考えることが重要なキーになります。

転職・再就職希望者の方々の進みたい業界や持っているスキル・知識が活かせる職場が、今の環境下において十分に求人を行っているかどうかということが重要です。

一部の特殊な技能やポジションを持つ人以外に、十分な求人マーケットが存在しない環境では、いくら転職や再就職を希望しても成功する確率は非常に少なくなってきます。

そこで、ここでは時期的環境と社会環境に絞って、転職・再就職の好適環境を示したいと思います。

時期的環境

ここでいう、時期的環境というのは1年を通じていつの時期が転職・再就職にとって好適な時期になるかです。企業間、業種間で若干ズレることもありますが、ここで述べる考え方を基本に、目的の企業における時期的環境が整っているかを考えるようにしましょう。

まず、最も好適な時期というのが「夏場」になります。これは新卒者の入社が4月初旬に終了し、研修期間を経て、夏場に現場へリリースされ、人事担当の手が空くことから、欠員募集が始まる時期になるためです。

転職や再就職を行おうとする人を最初に吟味する担当者は人事系の社員になりますので、新卒者対応が済み次第の募集が増えることが多く見られます。

これはあくまでも標準的なパターンで、大企業になれば常にキャリア採用を行う部署があったり、欠員や補充人員を常に求めている企業も多くありますので、その点は自分自身の進みたい業界、企業群を研究することで簡単に見分けられるようになります。

社会的環境

この社会的環境というのは、その業種の社会的な趨勢が好適な時期なのかという環境を言います。つまり、業界として成長している産業分野になるのか、あるいは縮小する産業群になるのかという問題です。

現在、数多くの政府施策が打ち出されており、成長産業と見込める領域に莫大な支援がなされています。例えば、自然エネルギー産業、最先端科学産業などがそれに当たります。

こうした産業では常に人不足が発生する可能性がありますが、反面、旧来型の労働集約的産業等は斜陽産業として発展する見込みは少なく、ゆえに求人力は非常に低くなるということになります。

転職や再就職を目指す人で、仮にこうした発展の見込めない産業への道を選ばれるのであれば、相当な下準備や活動を行う必要があると考えられます。

高度成長期に見られた日本国内の社会環境では、労働集約的な産業、つまり製造業を中心とした一連の企業はその労働を安価な海外、特に東南アジア、中近東にそれを求めることで、国内のそうした労働市場が極端に縮小しつつあります。

そこで、国際的な視野に立ち社会環境を見据えて、海外勤務に対して抵抗がなければにトライする方法もあります。この場合、語学力はある程度以上必要なので、自身の自己研鑽で付け焼刃でもいいので語学を習得する姿勢を持つことが必要となります。

以上のような、環境を十分把握して転職、再就職を考えるようにしてください。

関連記事

  • 転職への思い 転職への思い 私が初めて「公務員になりたい!」と思ったのは、新卒で民間...
  • スケジュール感 転職スケジュール ここでは、転職・再就職のための準備に関して、何をいつ...
  • 成功事例(技術職) 技術職の成功体験 転職や再就職に成功した転職仲間のうち「技術職編」を取...
  • 幸せな転職 東京での生活 私は関西出身で、大学も関西地方でした。 就職氷河期に大学...
  • 採用されるコツ 応募する企業選びから成否は大きく変わる ここでは希望する企業に採用して...