応募者のレベル


実際のレベル

市役所の行政職(つまり、普通の事務職)で、民間経験者試験が一般的に始まったのは、2005年くらいからです。

就職氷河期でしたので、優秀であるにもかかわらず、不遇な就職生活を送っていた若者が大挙して押し寄せたため、当初はレベルが高く、狭き門という印象でした。倍率は、恐ろしいことに50倍くらいありました。

しかし、多くの市町村で継続的に実施してきた結果、既に、優秀な人材で転職意欲のある人材は概ね転職してしまっており、受験者のレベルがだいぶん落ちてきており、普通の人でも転職できる環境になっています。

東京都などの首都圏で転職市場の人材の土壌が枯れてきたという感じです。

その結果、以前は年齢制限が35歳までなどとされていましたが、現在では、優秀な人材を求めて、年齢制限を緩和している自治体が多くあります。

労働局や労働基準監督署の指導で、「中途採用の募集の際には年齢制限を撤廃するべし」というものが出ていますので、公的部門の一員である市役所も、この指導にしたがっているのだと思います。

私の後輩として転職してきた方の中には、40代の方もチラホラいます。

年齢制限を撤廃した結果、定年間近の50代の方も受験資格がありますが、現実的には、私の同僚や後輩で、実際にその年代の方が入庁してきたことはありません。

さすがに、これから勤務する年数の短い50歳代よりも、若い30歳代の方が合格しやすいというのが実情です。

候補者名簿

公務員試験に馴染みのない方には分かりにくいですが、地方公務員になるには、手順があります。

採用試験に合格すると、全員、「候補者名簿」に名前が登載されます。この候補者名簿の中から任命権者(市長、町長、村長、公営企業管理者など)が採用する人を選択して、採用します。

理屈上は、「採用試験に合格して、候補者名簿に登載されたけれども、採用されなかった」ということもあり得ます。

大学新卒の国家公務員の採用試験では、このような事例は多々ありますが、地方公務員への転職の採用試験では、今まで、採用されなかったということは聞いたことがありません。

近年、候補者名簿とは名ばかりで、搭載されればまず採用されます。心配はありません。翌年の4月1日に採用されます。

試験に合格したので会社に辞表を提出したけど、結果、市役所に採用されなかったということになれば人生失敗になりますが、あり得ません。そんなことをしていれば、市役所の採用部門の信用に関わります。

筆記試験に合格(倍率は5倍くらい)し、面接に合格(概ね2回で、1回目の倍率は2倍くらい、2回目の倍率も2倍くらい)すれば、候補者名簿に登載され、そのまま全員が採用されます。

「公平」ではなく「平等」

公務員の採用と民間会社の採用との大きな違いは、全員が筆記試験を受験できるということです。志望者が多い場合、大学や予備校などの大きな施設を借り切って、実施されることもあります。

民間では、エントリーシートやWEB試験の結果と称して、筆記試験に進むまでの段階で5倍~10倍くらいに絞っています。

私の前の会社では、エントリーシートでの選考と称しながらも、実態は大学名での選考が主でした。もちろん、全部のESは読んで、優秀な内容であれば三流大学の学生も通しますが、一流大学の学生ならば、ほぼフリーパスで通していました。

これは、これまでのその人物の努力を反映した結果という意味で「公平」だと思います。

一方、公務員試験では、これまでの努力も経験も抜きにして、全員が筆記試験に進めますので、そういう意味では「平等」だなあと思っています。「公平」ではなく「平等」です。

あくまで、試験のスタートラインに立てるという意味で平等というだけで、今後の面接試験も含めて考えると、一流会社や有名会社の従業員の方は、ずいぶんとリードした状態にあることは間違いないとは思います。

民間の就職試験との決定的な違い

私の前職の経験上、感じていることですが、やはり、優秀な大学の方が、優秀な学生、つまり、使える人の割合が高いです。

採用試験では、露骨に、三流学校はいりませんとは言えませんので、WEBテストやエントリーシートで選抜するというステップを踏みます。不合格者は、今後のお客様になる方々ですので、雑には扱えません。

私の会社では、通過者が100人の枠の場合は、優秀な大学から90人を通過させて、残りの10人を、エントリーシートの中で特別に光った学生を通過させていました。

三流大学も「平等」に扱うのは無理難題だと思います。エントリーシートだけで10,000枚ほど届くので、ゼロベースで審査するのは無理というものです。

むしろ、一流学校を優遇するこの方法の方が、今までの人生の努力を反映していて「公平」だとすら思います。

WEBテストに至っては、実際、誰が解いているかも分かりませんので、ほとんど参考外です。冷やかしの人を排除するためだけのものでした。

「学歴・勉強と仕事は関係ない。」と世の中ではよく言われますが、それは間違いです。私の会社では、人事評価の点数と学歴とは、正の相関関係が出ていました。

高学歴の学生では、変な人を落として、普通の人・優秀な人なら採用するという作業です。そうでない学生では、変な人・普通の人を落として、優秀な人を採用するという作業でした。

公務員試験では、こういう門前払いはありませんので、チャンスは回ってくると思います。

独学では不安なら

個人サイトの体験談というミクロな視点のほかに、大手予備校の講座というマクロな視点も情報として役に立ちます。アビバの公務員講座では、30才代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。講座の内容を知りたい方は資料請求をしてはいかがでしょうか(無料)。



さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座もあります。興味がある方は、まず、資料請求することをお勧めします。 アビバの公務員講座

関連記事

  • サイトポリシー 運営者情報 運営者名 : 転職管理人 連絡先  : komutenn@...
  • 出世できるのか 係長への昇任 中途採用で公務員に転職した後に、出世できるのか不安に思う...
  • 筆記対策 勉強時間 会社に勤めながら筆記試験の勉強をするのは、基本的に無理があり...