適した性格・不適な性格

ブラック企業はすぐ辞めるべき

公務員に向いているメンタリティ

当たり前ですが、性格やメンタリティは人によって様々です。職業ごとに、向き・不向きな性格というのは確実にあります。

転職大手のノウハウを活かして、リクナビNEXTの無料サービスであなたの性格の強みを診断を受けることができます。

チェック

無料診断ですがかなりの作りこみ具合です。あなたの強みを診断できます。
グッドポイント診断

では、市役所の職員に適している人というのは、どのような性格を持った人なのでしょうか。

グレーのスーツで眼鏡を掛けていて、気性は穏やかですが、事務的に仕事を処理して人間の心を持たない・・・。世間での公務員のイメージとはこのようなものですね。

ちなみに、私の性格の強みはこの5点です。

 現実思考(実現可能性にこだわる)
 バランス(全体を考える)
 冷静沈着(いつもクール)
 親密性 (じっくりつきあう)
 感受性 (場の雰囲気を感じ取る)

どうですか。いかにも市役所の職員っぽいでしょう(笑)。「地味」の一言ですね。

転職うさぎ
いかにも公務員っていう面白みのない性格だな
面接官かめ
市役所ではそれが大事なのですよ

これはネットサービスを利用して診断した結果です。18種類の中から、その人特有の「5つの強み」を導き出してくれるものです。

5つの強みをピックアップしてくれるだけではなく、それぞれの強みについて、細かい解説までした結果表を提示してくれます。気持ちがいいことに、結果表には良いことばかりが記載されています。

例えば、私の「現実思考」でしたら、「常に現実的で具体的な提案を行う」と高評価されています。しかし、そうは言っても裏を返せば、独創的な新規事業や停滞している事業をブレイクスルーするような仕事には弱いということです。

実際に私自身の性格はそのとおりです。新規政策とかの立案を指示されていても、しっかり滞ってしまいますし(笑)。

私の強みはこの5点でしたが、この診断はどんなスペックの人でも必ず5つの強みが導き出されます(笑)。

しかし、当たり前ですが、転職市場において全ての人が平等に5つずつの強みを持っていることはあり得ません。できる人は強みを10個や15個くらいは持っていますし、できない人は1個あるかどうかです。

こう考えますと、この診断は性格テストなのです。性格の傾向なら、全ての人について5つピックアップすることはできますもんね。

この診断はグッドポイント診断というもので、リクルートが転職ノウハウの技術の粋を集約して作成したものです。

かなり本格的な作りになっていまして、トータルで20分くらい掛かってしまう代物です。

このような画面で、あなたの考え方が「AなのかBなのか」を選択していきます。この質問に次々と回答していくことで、強みを判定します。

そして驚くことに、グッドポイント診断は無料で公開されています。この診断で、自分の性格の強み、そしてその裏腹にある弱みを把握することができます。

リクナビNEXTのページで、メアドを送信して、名前と性別を登録する必要があります。かなりユニークな転職支援ツールですので、興味があれば、自分の強みが公務員に適しているのか診断してみてはいかがでしょうか。

チェック

無料診断ですがかなりの作りこみ具合です。あなたの強みを診断できます。
グッドポイント診断

市役所に向いている人材とは

市役所に転職した後に、「こんなはずではなかった」と後悔する人もいます。不幸なことですが、実際に、数年で再転職をしていく人も一定数います。

公務員試験に合格することを夢見ていた時期は、公務員になれば全てハッピーみたいな考えを持ちがちです。私もそうでした。

しかし、公務員になじめずに、青い顔で仕事を辞めたいと考えている職員も結構いるのです。

公務員特有の空気感になじめないのが原因です。市役所の仕事の進め方はかなり独特です。それに適した性格、適さない性格というのがあるのです。

突然ですが、ここで、私の感じる市役所に適した性格ランキングを発表していきましょう。

まずは、ベスト3の発表です!

1 慎重性 (掘り下げて考える)
2 現実思考(実現可能性にこだわる)
3 バランス(全体を考える)

第1位は「慎重性」です。市役所の仕事は企画立案するにしても、課題を市議会に報告するにしても、報告書を徹底的にこねくり回します。よく言えば、ハンパないくらい掘り下げます。

合わない人は合いませんが、多くの職員がこのやり方に適応しています。

転職うさぎ
回りくどいのはイヤだな~
面接官かめ
公務員の仕事は慎重に慎重を重ねるものです

第2位は「現実思考」です。新たに施策を実施するにしても、不具合はでないのか、想定しれていない副作用は起きないか、制度の抜け道はないのかなど、実現可能なのか徹底的にこねくり回します。よく言えば、よくよく検証します。

一つの政策を実現するためだけに、1歩進んで2歩下るように、ムダの塊のような莫大な準備と根回しを積み上げるのです。

第3位は「バランス」です。一部の市民だけに有利な制度や、過去の制度との整合性は常に最も大切なポイントになります。過去の政策から方向転換するのは一苦労です。

新しい制度を作る際には、必ず過去の制度を全て洗い出して、その意図や意味を理解する必要があります。だるいです(笑)。

続いて、神セブンの発表です!

4 受容力 (広く受け入れる)
5 冷静沈着(いつもクール)
6 継続力 (決めたらとことん)
7 親密性 (じっくりつきあう)

惜しくもベスト3からは漏れましたが、神セブンにランクインしたのが、「受容力」「冷静沈着」「継続力」「親密性」です。

市役所の仕事はストレスが多いです。市民からの苦情、他部署との折衝、市会議員への対応とストレスだらけです。民間企業とは違った種類のストレスで一杯です。

しかし、苦情の中には役に立つアドバイスが隠れていたりします。批判を甘んじてクールに受け止めて、一旦決めたことはとことんじっくり推進することが大事なのです。

どうですか。私の5つの強みのうち、4つがランクインしていますね(笑)。市役所に適した性格とはこういうものです。

逆に向いていない人材とは

辞めていった職員は、「やりたい仕事ができない」「公務員の制度や考え方になじめない」などと言って辞めていきました。

私がランク付けする不適な性格ワースト5も発表していきましょう!

 独創性 (オリジナリティあふれる)
 柔軟性 (あれこれトライ)
 高揚性 (ノリがよい)
 俊敏性 (スピード第一)
 挑戦心 (高い目標もクリア)

オリジナリティやスピードなどは、民間企業では最も強く求められるスキルです。しかし、公務員の仕事のフレームでは、これらの能力を発揮する機会が奪われ、持てる力を発揮できません。

その結果、自分が思うように仕事を進められず、うっぷんだけがたまっていく結果になります。人には向き不向きが必ずあります。民間会社で活躍できる人が市役所で活躍できるわけではないのです。

転職うさぎ
オレってノビノビ自由に働いて力を発揮するタイプかも
面接官かめ
市役所の仕事には向いていないかもしれませんね・・・

こういう性格の方は、市役所に転職した場合、「思っていたのと違う!」となってしまいます。自分の強みや性格を把握しておくことは、転職活動にとって、また、人生にとって重要なのです。

ちなみに、私の強み5点の中には、何1つ入っていません。それはそれで問題のような気もしますが、市役所で働く上では支障にはなりません。

無料のグッドポイント診断は受ける価値がある

グッドポイント診断はリクナビNEXTのページで利用できます。最初に、メアドと名前、性別の登録が必要です。住所、電話は登録なしのままでOKです。

また、登録が完了した後に、転職の希望条件やあなたのプロフィールなど、細かい内容の登録画面に移りますが、スキップして結構です。

私もそうでしたが、転職時期や希望の地域なんて、全く決まっていない人がほとんどだと思います。今後、もしそういう気分になることがあれば、深く考えて入力すればいいのです。

登録後、マイページからいきなりグッドポイント診断のページに進んで診断を受けるのが手っ取り早いです。

 【メアド送信】
  ↓
 【名前・性別を登録】(住所・電話は不要)
  ↓
 【マイページからグッドポイント診断】

この流れだけです。

注意したい点は、無料診断と言ってもかなり本格的な作りになっていますので、診断に20分程度を要することです。気合を入れて回答していく必要があります。次のリンクから登録に進めます。

チェック

無料診断ですがかなりの作りこみ具合です。あなたの強みを診断できます。
グッドポイント診断


シェアする

あわせて読みたい記事

市役所への転職に当たって、能力だけではなくメンタリティの側面に着目して、市役所職員に適した性格・不適な性格を解説するページを作成しました。

チェック ・ 適した性格・不適な性格


20代や第二新卒は転職市場の主役です。ブラック企業で我慢しつづけるよりも、若いうちにまともな会社や公務員に転職した方がいい理由を解説するページを作成しました。

チェック ・ 20代の転職が有利な理由

関連記事

  • 社会人採用に挑戦した 社会人になった瞬間から脱サラ希望だった 私が初めて「公務員になりたい!...
  • 民間企業よりも難しいのか 公務員は大手ホワイト企業よりは簡単 市役所への転職を考えている人にとっ...
  • 転職してはいけない人 ガンガン出世して給料を稼ぎたい人には適さない 公務員への転職を迷ってい...