市役所の職員


地方公務員とは

数多くある公務員の種類の中でも、地方公務員にターゲットを絞って、試験を受験するのがいいと思います。地方公務員とは、いわゆる「市役所」の職員です。

地方公務員は、市町村ごとに、全ていわゆる「別会社」ですので、当然ながら、採用試験も別々に行っています。

それぞれ「別会社」とは、たとえば、千葉市役所と横浜市役所との関係は、ソニーとパナソニックとの関係と同じく、同業他社の別会社です。

当然ながら、給与や人事制度は、市役所ごとに異なっています。実際上の話としては、かなり似通った制度になっていますが、市役所ごとにそれぞれ制定されています。

採用試験も、千葉市と横浜市とで別々に行っていますので、日程が異なれば、両方の採用試験にそれぞれ申し込むことができます。

従来、市町村の採用試験は、高卒を対象とした「中級試験」と、大卒を対象とした「上級試験」のみでしたが、近年、転職枠として、「民間経験者試験」が追加された市町村が増えてきました。

なお、よく耳にする「地方上級」とは、地方公務員として、各市町村に勤務する人で「上級試験」に合格して採用された人を指しています。

地方公務員の試験日程

大卒レベルの上級試験では、都道府県と政令指定都市は全部同じ日程で筆記試験を実施するため、併願はできません。併願者が多いと合格時の辞退者が増えてしまい、採用計画を立てづらいため、あえて、試験日程をぶつけているのです。

日本には多数の市があり、近年、その多くの市で「民間経験者試験」を実施しています。

民間経験者試験では、筆記試験の日程は各都市でバラバラであることが多いです。合格できるかは別の問題として、手当たり次第受験した場合、かなり多数の市を受験できます。

手当たり次第、受験はできますが、勝負になるのは、せいぜい今住んでいる都市や生まれ育った地元、その他学生時代を過ごしたなど何らかの地縁のある市役所だけです。「この町に始めて来ました。手当たり次第、どこの市でもよかったんです。」などというスタンスの人が合格しないのは、御理解いただけるかと思います。

私は、割といろいろな市役所を受験しましたが、結局、第一志望の大学時代を過ごした市役所に合格しました。

日程は、各都市のホームページで発表されています。信憑性の高いまとめサイトはありませんので、私は、地道に各市町村の公式ホームページで職員募集の情報を確認していました。

公務員から公務員への転職

私の合格した市役所の試験の募集要件は、民間企業「等」に5年以上勤務した経験のある人でした。民間企業「等」とは、注釈で、自営業も含み、また公務員も含むとのことでした。

数年前にチェックした際には、公務員は除外されていましたので、近年、条件が緩和された公務員の経験でもよいとなったわけです。

私の同期・先輩・後輩は多数いるのですが、純粋な公務員からの転職者は0人です。一部いるのは、東京電力やNTTレベルの超大手企業から、一旦、別の市役所に転職し、そこで1年だけ勤務したのちに、私の市役所に再度転職してきた人が数人います。

この人については、公務員の経験は1年だけでしたので、民間での5年の経験を買っての採用なのだと思います。

つまり、募集要件では公務員も広く募集しますよ、とはうたっているものの、実際には、公務員から公務員に転職してきた人は今のところいませんでした。

民間の活力を導入しようという趣旨ですので、公務員を採用するとなると趣旨が違ってくると個人的には思っていますので、当然のことだと思います。

上級職として転職

これとは別枠なのですが、上級職の年齢制限は私の市役所は28歳です。国土交通省や厚生労働省の中央省庁やその出先機関に就職し、数年後に上級職として転職してくる若者は例年1人くらいは後輩として入庁してきています。

後輩が言うには、「市民に近いところで仕事がしたかった」とのことです。

このように、近年では、国家公務員から地方公務員に転職を希望している若者も多くいるようです。民間経験者枠での転職は無理だと思いますので、希望する人は早めの決断さえできれば、転職の道は閉ざされていないです。

むしろ、国家公務員に合格しているくらいですので、公務員試験の勉強も長時間しており、市役所に合格するのも割と簡単だったそうです。

独学では不安なら

個人サイトの体験談というミクロな視点のほかに、大手予備校の講座というマクロな視点も情報として役に立ちます。アビバの公務員講座では、30才代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。講座の内容を知りたい方は資料請求をしてはいかがでしょうか(無料)。



さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座もあります。興味がある方は、まず、資料請求することをお勧めします。 アビバの公務員講座

関連記事

  • 筆記対策 勉強時間 会社に勤めながら筆記試験の勉強をするのは、基本的に無理があり...
  • 年齢・再受験での評価 30歳前後が有利 近年、多くの市町村で、上級試験や中級試験とは別に、民...
  • なれる公務員の種類 国家公務員と地方公務員の違い 地方公務員になるためには、まず、公務員(...