会社にばれないか


会社の同僚への相談

人生における危機管理の常識だと思うのですが、転職活動をしていることは会社には内緒でした。現に、1年目は不合格に終わっていますので、言わなくてよかったと思います。

私の場合は、仲のよい会社の同期にも、信頼のおける上司にも言いませんでした。そもそも、信頼のおける上司はいなかったのですが。1人に言えば、必ず社内に広がりますので注意が必要です。

受験の際、転職活動していることが会社にばれないか心配になりました。試験の受験資格で、民間会社(自営業でも可)で、5年以上の経験を求められていましたので、少なくとも会社からの証明書が必要かなと思い、必然的に会社にばれるのではないか、と思いました。

会社にばれたうえに、試験にも落ちたら最悪です。人生終わりです。

会社バレはしない

しかし、杞憂でした。会社からの在職証明書は、最終合格してから提出を求められました。私の場合は、合格が確定してから会社に退職の旨を申し出て、その後に在職証明書の作成をしてもらいました。

と言っても、私自信が人事部勤務でしたので、自分で作成して、決裁をとって、自分で社印を押印するということになりましたが。

合格者が確定してから、手続上、書類の確認に入るようです。当然、その際、条件を満たしていなければ合格取消しになります。

選考の途中で、市役所側から会社に電話確認が入ったり、文書で在籍確認を求められることはありません。落とすかもしれない方にそんなことをするほど、市役所はアホではありませんので、心配無用です。

「世間の常識は役人の非常識」という格言もありますので、私も若干の不安はありましたが、いろいろな市町村を受験した経験では、一度も選考途中で確認などありませんでした。

また、私の同期や後輩のなかには、面接の際に「すでに会社に転職する意向を伝えているか。」という質問をされた人もいたと聞きます。

私の知る限り、皆さん会社に内緒で転職活動をしており、面接でもそのとおりウソなく答えたと聞きます。これが一般的な対応です。

これで合格していますので、この質問には特段、合否を決める決定的な要素はないと思います。むしろ、辞めたいと伝えているほうが、今の会社から逃げ出したい思いを持っている印象を与えます。

私なら、転職先が決まる前に退職の相談をいている方がいれば、その人の危機管理意識を疑ってしまいます。

どの時点での年数か

なお、「民間での経験が5年以上」の算出ルールは、申込日や試験日の時点で5年ではなく、退職する日、例えば、3月31日まで勤務して4月1日から転職する場合、3月末日の時点で5年を満たしていればOKです。

これは、1年目の受験の際に、市役所の人事課に電話をして確認しました。初年度は、私もギリギリの条件でしたので、不安で確認しました。分からないことは採用担当に電話で確認することをお薦めします。

会社以外の人への相談

どうしても助言を欲しいときは、会社以外の友達に聞いてもらいました。運よく、大学の同期で市役所勤務(別の市役所です)に勤務している人が数人いましたので、アドバイスをもらいました。

受験のアドバイスというより、どういう仕事を実際にしているのかを教えてもらいました。面接では、「転職について誰かに相談しましたか。」と聞かれましたので、正直に答えました。

1人よがりの考えに陥らないためにも、合格するか不安な精神衛生上の問題からも、相談してよかったと思います。

市役所での各部署での仕事のイメージがつかめましたので、友人がいる方は聞いてみる方が面接の準備に役に立つと思います。

独学では不安なら

個人サイトの体験談というミクロな視点のほかに、大手予備校の講座というマクロな視点も情報として役に立ちます。アビバの公務員講座では、30才代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。講座の内容を知りたい方は資料請求をしてはいかがでしょうか(無料)。



さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座もあります。興味がある方は、まず、資料請求することをお勧めします。 アビバの公務員講座

関連記事

  • 会社の辞め方 辞意の伝え方 会社を辞められることはハッピーでした。しかし、退職を会社...
  • 筆記対策 勉強時間 会社に勤めながら筆記試験の勉強をするのは、基本的に無理があり...
  • 面接での実際の質問2 市役所の1次面接、最終面接で実際に聞かれた質問集の続きです。 「転職に...