公務員の福利厚生


福利厚生制度は充実していない

公務員は福利厚生が充実!と言われていますが、これはデマです。前の会社である一部上場企業の方がよっぽど福利厚生は充実していました。

会社では、財形貯蓄に利子補給金が出て、利回りは5%でしたし、食堂は月2,000円で食べられました。人事部にいましたので、この辺りは詳しいのですが、いわゆる法定外福利厚生費は、1人当たり年間50万円掛かっていました。

転職うさぎ
公務員って言ったら、手厚い福利厚生でしょう
面接官かめ
一昔前に世間の批判にさらされた結果、低水準になってしまいました

公務員になったとたん、利子補給金もありませんし、共済会の会社負担金もありませんし、そもそも食堂がありません。法定外福利厚生のレベルは非常に低いと思います。

田舎の地方都市の市役所でしたら、そこにある中小企業と比べた場合、それよりかはマシだという感じです。

私の市役所は政令指定都市ですので、周りに大企業は多くありますが、その会社の福利厚生と比較すると見劣りするものです。

公務員の福利厚生が厚遇だということは一時期にメディアで叩かれました。事実、私の市役所でも一昔前まではなかなかの厚遇でしたが、色々と削減されてきた歴史があります。

スーツの支給

まず、スーツの支給がありました。これは私が入庁した年に廃止されましたので、私はもらったことがありません。庁内では制服と呼ばれていましたが、普通のスーツです。

数年ごとに各人ごとに採寸します。いわゆるオーダーメイドで作成してくれるのです。ただ、残念なのは全員が同じデザインですので、「おそろい」になってしまうのです(笑)。

普段から着る必要はなくて、手持ちのスーツの1つとして使う形です。「制服」と言っていましたが、実際には「スーツ」です。

また、「支給」としてしまいますと、現物給与と見なされて課税されてしまいますので、「貸与」という形を取っていました。実際には返却することはありませんが。

スーツを支給することを、制服を貸与すると言い換えていたのです。そういう言い方をすると、消防士の制服みたいな、絶対に必要なもののように聞こえるでしょ?事務職なのに。

正に公務員の言葉だと感動しました(笑)。

格安の保養所

削減された象徴的なものが保養所です。私が入庁した時点では市内に5箇所ほど、保養所がありました。また、日本有数のリゾート地にも保養所を保有していました。

名目は研修施設など、それらしい名前になっていましたが、ただの保養所です。宴会海上があって、麻雀ルールがあって、風呂と寝具があってと、いたせりつくせりでした。

私も有給休暇を取得して、同期と麻雀ルールを利用していました。全自動卓です。利用料金は1日400円、つまり、1人100円です。格安!まさに公務員天国!でしたが、数年後に廃止されてしまいました。

私の麻雀ルームは更地にされて、2億円くらいで民間に売却されてしまいました。悲しい限りです。

市内のほかの保養施設も順番に売却されたり、民営化されたりして、格安の利用料金が通常の水準に値上げされてしまいました。これでは意味がありません。もう利用していません。

リゾート地の保養施設も廃止されてしまいました。結局、私は1度も行かず仕舞いでした。残念です。

突っ込みどころ満載な「えらべる倶楽部」

私の市役所では、JTBベネフィットが提供する福利厚生サービス「えらべる倶楽部」を導入していました。

会員証を見せると、映画が割引になったり、眼鏡を安く買えたり、和食さとで割引してもらえたりします。

しかし、本当にささやかな割引で、このインターネット社会では、会員証なんて見せなくてもネットクーポンを使えば同じくらい割引が受けられるのです。

映画が安いのは嬉しいかなと思って、使用しようとしましたが、座席予約ができないのです。今どき、予約なしで並んで映画館に行くことなんてありません。

利用できる店舗数だけは莫大に多いのですが、何かと残念な制約ばかりで、結局は使い勝手が悪いものばかりです。

えらべる倶楽部の目玉は宿泊です。国内の豊富なホテル・旅館に割安で宿泊できますという触れ込みです。しかし、これが高い。1泊に付き、補助金は数千円でるのですが、それでも割高なのです。

正直、楽天トラベルでポイントを貯めた方がお得なレベルで、結局はこれも残念なレベルです。定価に比べたら割安ですが、このインターネット時代に誰が定価で探すんやという突っ込みどころ満載なシステムなのです。

社宅制度

会社員時代には、独身寮・家族社宅の制度があり、私は東京で自己負担額は20,000円でした。マンションの1室を借上社宅として利用しており、会社が8割、個人が2割という負担割合でした。敷金・礼金・更新料も当然、会社持ちです。

それが、今の私の市役所では、そもそも原則、社宅制度がありません。

転職うさぎ
豪華な官舎があるんでしょ?
面接官かめ
全くありません

原則というのは、一部、古い官舎(公舎)が残っており、現在、住んでいる職員も数人だけいるのですが、将来、廃止することが視野に入っており、新規入居はさせていない状況です。

官舎は出先機関である事業所の敷地内に立てられており、現業職の職員が数名入居しています。職場の敷地内に住むなんて、究極の職住近接ですが、個人的には職場に住むのは勘弁してほしいと思います。

試験採用の事務職や技術職が官舎に住むことはありません。

民間企業と異なる点として、市役所の職員は地元出身の人が多く、また、転勤もありませんので、さっさと持ち家を購入する人が多いようです。

地元出身者がおおいですので、独身のうちは実家から通って、結婚後はすぐに自宅を購入するというライフスタイルですので、社宅はそもそも必要ない方が多いです。

住宅手当

今は賃貸物件に住んでいますので、住宅手当として月15,000円をもらっていますが、家賃の一部しか賄えていません。

自分名義の持ち家を購入して、そこに住む場合、住宅手当として9,000円程度もらえます。この住宅手当も廃止が決まっていて、徐々に減額していくように決まってしまいました。

会社員時代は転勤族でしたので、腰を据えて生活するという雰囲気ではありませんでした。個人的には、社宅制度の有り無しよりも、同じ土地でずっと定着して住めることに満足しています。

全国展開している大手会社で転勤族をしていては、根無し草になってしまって、人間らしい生活はできないと思います。

子供の転校や、妻のママ友のつながりもありますので、転勤した場合、一生、単身赴任の危険すらあり、人間扱いされているとは言えないと思っていました。私の前の会社は、社員はただの将棋の駒扱いでした。

今の生活は、ワークライフバランスが取れていると思っています。

通勤時間

会社員時代は、東京での勤務ということで、ドアツードアで片道80分、夜中では90分ほどの通勤をしていました。

地方公務員になってからは、徒歩10分、ゆっくり歩いて15分という恵まれた生活を送っています。地方の政令指定都市ですので、こじんまりとした町なのです。

転職うさぎ
もう東京の通勤地獄は嫌だな
面接官かめ
地元に住めますので、通勤は楽ですよ

しかも、転勤がありません。勤務地は市内のみで、必ず自転車か地下鉄・市バスかでは出勤できる見込みです。市営の地下鉄がある都市なんですよ(笑)。

毎日、夕方6時のニュースを家で見られる生活は、東京時代には経験したことがありませんでした。

周りの先輩職員を見ていますと、持ち家を購入する割合が多いです。市内に購入したり、JRですぐの近隣市に新築したりしているようです。

市役所に勤務しているからといって、その市に住む義務はありません。居所は自由です。例外として、消防職の方は緊急招集に備えて、市内に住むべしという要件があるようです。

関連記事

  • 公務員の給料 年収 私が勤めていた会社は、東証1部上場で、製造業です。連結ベースで、...
  • 公務員の趣味と子育て 民間企業での考え方 公務員に転職して、一番変わったと感じることが趣味に...
  • なれる公務員の種類 国家公務員と地方公務員の違い 地方公務員になるためには、まず、公務員(...
  • 試験の服装 面接時の服装 当然、面接のときにはスーツです。 私の場合は夏場の面接で...
  • 出世できるのか 係長への昇任 中途採用で公務員に転職した後に、出世できるのか不安に思う...