面接での注意点


質問されるポイント

「自己PR」と「志望動機」の2点だけ、しっかり考えていきます。多くの市町村で、面接は2回ありますが、手を変え品を変え、聞かれることは結局この2点です。

自己PR

民間経験者試験ですので、今の会社での仕事の実績をPRすればよいです。既に、論文で書いた内容ですが、同じことを言えばよいのです。内容を変える必要はありません。

同じことを、簡潔に、口頭で説明できるようにしておけばよいのです。

市役所の人事担当側は、「誠実だ」とか、「コツコツと頑張るタイプだ」とか、そういったPRを求めているのではありません。大卒の上級職の採用でしたら、まあそれでもありかと思いますが、飽くまで民間経験者試験ですので、そこについてPRするべきです。

私の場合は、既に職務経験論文として作成した文章を抜粋して、自己PRを作成しました。

志望動機

志望動機は、市役所に入庁したら、どのような部署でどのような仕事をしたいかを述べます。ここでも、飽くまで民間経験者試験ですので、今の会社の経験を踏まえて、その経験を生かせる志望動機を考えればよいです。

私の場合は、会社の重役、従業員、地元住民の利害を整理した経験を生かして、住民自治を推進したいことを軸に志望動機を作成しました。

一方で、30歳代で転職する場合、会社での経験は、まだ、1~2部署のみだと思います。今の経験にだけこだわってしまっては、今後のキャリアアップにつながらないという事情もあります。

私は今後の自分のキャリアアップの展望も語りました。

今の会社では経験したことがないですが、今後、経理部門で組織の財務状況を理解するスキルを身に付けて、事務方としてのスキルアップに努めたいと希望を伝えました。

今の会社への不満

合格した際には、会社を辞めることになりますが、今の会社への不満を言わないように気をつけました。転職しようというくらいですので、私も会社には多々不満がありました。というか嫌いでした。

しかし、「今の○○株式会社で働いていることを誇りに感じています。しかし、○○市役所で働きたいという気持ちが強く、転職できる時期は若い今しかないと思い受験しました。」と言っておきました。

今の会社ではノルマが厳しいとか、深夜残業が多いとかという会社の悪口を辞める理由にしてしまうことは良くありません。

正直にいって、市役所にも部署によってそのような所属があります。例えば、市税の滞納整理の仕事でしたら厳しいノルマはありますし、本庁の総務局や保健福祉局でしたら、深夜残業は当たり前です。

採用する側にとって一番困ることは、また辞められることです。要するに、市役所に転職後、同じ状況になったときに、今後は辞めないと思わせる理由が必要です。

私の場合、○○市のために働きたいという純粋な思いが強くありましたので、その思いを伝えました。

注意すべき点

重要なことは、言い古されていることですが、自分の性格や口調、姿勢、態度を自覚しておくことにより、行き過ぎない熱意、心底から出ていると判断できる誠意、信頼に足る忠誠心が感じられるよう演じることにあります。

このことは、自身の持つ業務における経歴、スキル、ノウハウ、知識が応募職種に対して十分満たしているという自信を背景にしたものである必要があります。

面接本番では、面接担当者はできる限り素のままの応募者を見たいものです。素のままの応募者が募集職に就いて自社に貢献できるかどうかを見るのです。

面接担当者も神様ではありませんし、熟練者ばかりではありません。未熟で新卒を扱うような態度、口の利き方が非常に悪い担当者も中にはいます。また、これから入社を希望する企業の人事系担当者とは思えないような人材もいます。

こうしたことを十分肝に銘じながら面接に臨むことになります。

ここで、注意すべき点をいくつか挙げておきます。

職務経歴書の内容と口頭で喋る内容に齟齬がないようにすること

ほとんどの方は履歴書に記載される程度の内容は間違うことはありません。しかし、職務経歴書に記載されている内容を間違うことがよくあります。

例えば、Aという職務を3年、Bという職務をその後2年行った場合に、AとBの逆転、2年を3年と間違うなど細かなことですが、こうした齟齬は面接担当者によってチェックされるので注意すべき内容です。

熱からず、冷たからずを徹底すること

新卒採用とは異なり、即戦力を求めている企業の募集に対する応募になることですから、熱意を大げさに示す必要はありません。持っている能力がいかに業績アップに貢献できるかということを理路整然と予測も入れて冷静に話します。

しかし、声が余りに元気がない、覇気がない、人の目を見て喋らない等の冷えた感じで見られるのもマイナスポイントになりますので、注意したいです。

このことは、一部の専門職やエンジニア系の職種を除き、コミュニケーションが豊かであるかどうかを見られるので、一方的に熱い人間は浮いてしまうし、冷め切った人間はみんなの足を引っ張りかねないと判断されてしまいます。

語りすぎない、また、無口にならないこと

これは、コミュニケーション能力に関わることですが、適度に面接担当者との会話を楽しむつもりで、面接することが大切です。

自分を理解して欲しいがために、一方的に自分の事跡を語り尽くす人がいますが、面接担当者にとっては、不必要な情報ばかりになってしまいます。語りすぎないことが大切です。

一方では、相手の質問に対して極端に短い回答しか返さない応募者もよくいます。

例えば、面接担当者から「貴方は当社でどのように貢献できると思いますか?」とい質問があった場合、「とにかく頑張って貢献していきます。」とか「今までの経験とスキルで貢献できると思います。」といったように短文で返答してしまう人が多くいます。

これでは、面接担当者が応募者がどのように思っているのかがほとんど分からないままになってしまう場合が多く、質問を継がなければ聞けない状態になります。

こういうことは面接で注意したいポイントです。

独学では不安なら

個人サイトの体験談というミクロな視点のほかに、大手予備校の講座というマクロな視点も情報として役に立ちます。アビバの公務員講座では、30才代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。講座の内容を知りたい方は資料請求をしてはいかがでしょうか(無料)。



さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座もあります。興味がある方は、まず、資料請求することをお勧めします。 アビバの公務員講座

関連記事

  • 面接での実際の質問1 本命市役所の1次面接、最終面接で聞かれた質問、腕試しで受けた他の市役所...
  • 面接での実際の質問2 市役所の1次面接、最終面接で実際に聞かれた質問集の続きです。 「転職に...
  • 面接での好印象のコツ 面接担当者は全ての動きを見ている 転職・再就職を考えている人にとって最...