まず取り組むこと


会社を辞めない

会社を辞めて試験勉強に集中してはいけません。ほぼ、間違いなく失敗します。

あくまで試験ですので、合格するか、失敗するのか、決まってはいません。落ちた場合に、人生がほぼ終わるので、おススメしません。

また、市役所の人事担当側から見た場合、危機管理能力に欠ける人を雇おうとは思いません。さらに、よっぽど今の会社から逃げ出したかったのかという悪印象になってしまい、面接の際にも不利になってしまいます。

私の転職組みの同期は、全員、会社に勤めながら民間経験者試験を受験して、合格しています。無職で勉強したという人はいませんでした。これが実情です。

新卒の公務員試験とは異なり、筆記試験の比重が少なく、問題も簡単です。数的推理や文章理解を中心に出題され、憲法や地方公務員法などの法律の知識を問う問題はほとんど出題されません。

民間会社での転職活動と同じように、面接の比重が大きく、2回~3回くらいの面接を経て合格者が決まります。

1次面接、2次面接と、何回も面接に呼ばれるわけですが、交通費は自己負担ですので、お金の掛かる覚悟が必要です。

採用情報の探し方

市町村はそれぞれ同業他社ですので、採用試験は独立して実施します。実施日もまちまちです。

試験情報を一覧にまとめている公的なホームページやサイトは存在しません。それぞれの市町村のホームページから「採用情報」のページを探し、チェックする他に方法はありません。

神戸市に応募したいなら、神戸市のホームページをチェックするしかありません。募集の時期になれば、採用情報のページがアップされます。

通常は、昨年の採用実績のページがありますので、それを見ると、過去の募集の時期を知ることができます。また、筆記試験や論文試験の問題例を掲載している都市もありますので、本命の市を早めにチェックするとよいと思います。

採用情報はトップページのサイドバーから直リンクしてある場合が結構あります。また、なければ、「各課のページ」から人事課(市町村によっては、人事委員会事務局や任用課など)のページを探せば見つかります。

準備すること

筆記試験、論文、面接の準備をするのは当然ですが、それだけでは不十分です。まずは、その市役所の情報収集をすることが大事です。

市の公式ホームページでだいたいの情報は得られますので、それを基に自分の考えを整理して、なぜその市役所で働きたいのか、どういう仕事がしたいのかを具体的にイメージするといいと思います。

こういう愛着の積み重ねがあると、長い試験対策を乗り越えられますし、面接対策にもいきてくると思います。

いつから転職を考えていたのか

いつから転職を意識していたのかと言いますと、前の会社に入社して数箇月目には意識していました。一生、この会社に勤めることはあり得ないと思っていました。

そこで、さっそく転職の情報収集に入ったわけですが、すぐに辞めずに、気長に構えていました。これがよかったのだと思います。

まずは、超氷河期時代に私を拾ってくれて、しかも第1希望していた人事部に配属してもらえたことを感謝しつつ、仕事に打ち込みました。この会社で実績を積み重ねたことが、結果的には満足な転職につながったのだと思います。

地元の市役所に転職の狙いを定めたのは、ある程度公務員には関心がありましたので、受験ジャーナルなどの情報誌を見ていたところ、たまたま民間経験者採用というものを知りました。

私は、まだ入社1年目でしたので、しばらくはこのまま頑張ろうと思い、転職の要件である民間での5年以上という条件を満たしました。転職の思いを抱えたまま5年勤務し続けるのは結構な根気が必要でした。

就職氷河期世代では、優秀な方でも不遇な職業生活を送っている方が多くいると思います。優秀な方で、やっと、バブル世代の普通レベルと同じ労働環境だと思います。

しかし、諦める必要はありません。その優秀さをいかして、転職してしまえばよいのです。

どのくらい準備したか

サラリーマンをしていますと、勉強時間はなかなか確保できません。地方公務員になるにはどのくらい準備したらよいかについてです。

実際に、試験を受けるに当たって勉強した期間は3箇月でした。1年目は、この準備で数箇所の市役所を受験し、全滅しました。まあ、焦って転職することもない、1年目は様子見だと構えていました。

そして私としては本番の2年目です。同じく、勉強期間は3箇月だけでした。しかし、出題傾向や面接での雰囲気も分かっていましたので、効率よく準備できたと思います。

3箇月というのは、筆記試験までの3箇月間という意味です。1日30分で、90日間です。そのうち、休日は面接や論文対策でしたので、実質70日間です。勉強時間は35時間程度という計算です。

筆記試験が終わってからは、面接対策として、今の会社での実績など、自己PRの練習をしていました。

1次試験である筆記試験は6月にあり、1回目の面接は7月、2回目の最終面接は8月のお盆の時期でした。8月の終わりに最終合格の通知が来ました。採用は翌年4月ですので、その間、もはや前の会社ではいつでも辞められるというウキウキ感でいっぱいでした。

独学では不安なら

個人サイトの体験談というミクロな視点のほかに、大手予備校の講座というマクロな視点も情報として役に立ちます。アビバの公務員講座では、30才代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。講座の内容を知りたい方は資料請求をしてはいかがでしょうか(無料)。



さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座もあります。興味がある方は、まず、資料請求することをお勧めします。 アビバの公務員講座

関連記事

  • 会社にばれないか 会社の同僚への相談 人生における危機管理の常識だと思うのですが、転職活...
  • 筆記対策 勉強時間 会社に勤めながら筆記試験の勉強をするのは、基本的に無理があり...
  • 年齢・再受験での評価 30歳前後が有利 近年、多くの市町村で、上級試験や中級試験とは別に、民...