楽な部署に異動するコツ

仕事ができない人だと思わせる

仕事を頑張るとしんどいですが、サボると楽です。そんなの、当たり前です。当たり前体操です。どちらでも同じお給料ならサボりたいと思うのが人情です。

中途採用の転職組でも、数年後には楽な部署に異動していく人も多くいます。どういう経緯でパラダイスに異動していくのかご説明します。

転職うさぎ
転職したら楽したいな~
面接官かめ
困ったウサギさんですね

公務員の職場では、仕事の担当割は年度当初に決めてしまいます。一旦、決めますと、途中で変更をすることはありません。

まず、将来的に楽な部署を渡り歩く人の特徴としましては、他人の仕事に決して首をつっこまないということです。

担当業務を一覧表に書き出して、職員に割り当てているのですが、当たり前ながら、書き出しきれていないような、こまごまとした仕事は多くあります。

職場のパソコンソフトをアップデートしたり、入りきらない書類を書庫に運ぶ段取りをしたりです。

こういう仕事は、経験者採用という立場であっても新人ですので、新人が進んで仕事を拾っていくべきです。しかし、これをしないのがパラダイスな楽な部署に行く秘訣です。

1つ目の秘訣は、ズバリ、「落ちている仕事は拾わない」ことです。

採用1年目から指示待ち人間に徹します。自分から困った人に声を掛けて、仕事を取りにいってはいけません。

エクセルを開いたり閉じたりしながら、忙しいフリをして、目を合わせないようにするのです。それを恥ずかしいことと思ってしまう人には無理だと思います。

2つ目の秘訣は、「境界の仕事は拾わない」ことです。

当たり前のことですが、業務というのは明確に種類分けがされているわけではありません。どちらの職員がしてもいいような仕事は結構たくさんあります。

普通はお互いの忙しさなどを見て、その2人の間だけで適切に分配されるものです。

しかし、楽な部署に行く職員は違います。自分の業務だと完全に判別できる業務だけを黙々とこなしていきます。自分の担当業務以外は無視します。

相手と2人で話し合うこともありません。交渉をしない姿勢が一番得をするのです。

他人の仕事をすることを「越権行為なので、してはいけない」と言うのです。しょせんは係員に越権行為も何もないのですが、することは悪いことだくらいの言い方をします。

公務員試験に合格して採用されるくらいですので、基本的に頭はいいです。与えられた業務はできます。しかし、しないのです。

こういう積み重ねを1年間続けていきますと、誰も仕事を頼みませんので、職場のお荷物となって、次の人事異動では晴れて楽な部署に異動できるのです。

楽な部署を渡り歩く職員

世間では役所の仕事は楽だと言われています。ノルマもなくて、定時で帰れると評判です。実際に市役所の職員の50%はこういう生活をしています。

あまり知られていませんが、市役所の職員数は条例で定められています。全体としての業務量から判断して、職員数が決められています。余剰人員が多いため楽をしているわけではないのです。

半分の職員が楽をしているしわ寄せが、10%の激務の社畜にのしかかってきます。この10%の職員が毎月過労死基準を超えて残業をしているおかげて、50%の職員が楽をしているのです。

楽な部署に行きますと、驚くことに全員が終始のんびりしています。おしゃべりを楽しんで、定時になるとさっさと帰ります。

転職うさぎ
オレもおしゃべりを楽しみたい!
面接官かめ
全くヤル気が感じられませんね

周りの職員が全員同じようなキリギリス状態ですので、誰も罪悪感を感じません。他の部署には、自分達がサボっている分をカバーしてくれている職員がいることも知ってはいますが、見ないフリをしています。

こうして感覚が麻痺していって、これが普通だと思うようになって、パラダイスな公務員人生を謳歌できるようになるのです。一度、楽な部署に異動できた職員は、その後もずっと楽な部署を渡り歩けるのです。

係長に昇進すると忙しくなる

私が勤めていた民間会社では、上司ほど早く帰っていて、部下の係員が夜遅くまで残業していました。また、上司が残業していると、係員はなかなか先に帰りにくいという雰囲気がありました。

これが世の中の一般的な会社の実態かと思います。

しかし、市役所では反対なのです。係員はのんびりしている部署でも、係長だけは忙しいのです。職場の産業廃棄物の処分の手配をするとか、市民からのピントのずれたクレームに対応するとか、誰の仕事でもない仕事はたくさんあります。

楽な課の職員は、こういう誰の仕事でもない仕事を無視する職員の集団ですので、係長が尻ぬぐいをして、こまごまとした庶務業務をするはめになるのです。

そして、終業後の退庁時間も、係員から率先して帰宅していって、係長が皆を見届けながら残務の仕事を処理するというのが日常です。

転職うさぎ
5時になったので帰りま~す
面接官かめ
見事なクズっぷりです

民間企業とは逆で、係長の方が先に帰宅するのがはばかられる雰囲気があります。そのため、楽な部署を渡り歩いている職員は係長に昇進したがりません。

今、私の市役所では係長に昇進したがらない職員が増えすぎて、問題になっています。若手職員は係長試験を受験したがりません。中堅職員も昇進を嫌がります。全体の50%が楽をしていて、今後も楽をしたいと考えています。

公務員は年功序列の給料体系ですので、昇進してもしなくても、あまり差が付きません。自己中心的ではありますが、自分の都合だけ考えれば合理的な考え方です。

そういうわけで、多くの職員は係長への昇進の声が掛からないように息を潜めて、日々を過ごしているのです。そういう行為が恥ずかしくて、ついついヤル気を見せてしまうような方は、楽な部署には異動させてもらえないと思います。

公務員転職の役立ち情報

市役所への転職に当たって、能力だけではなくメンタリティの側面に着目して、市役所職員に適した性格・不適な性格を解説するページを作成しました。

適した性格・不適な性格

みなし公務員などの団体職員は公務員と遜色のない職場です。団体職員の求人は転職サイトで募集されており、その活用方法や転職活動に適した時期などを解説するページを作成しました。

団体職員という穴場を狙う

関連記事

  • 評価と給料 形だけの人事評価制度 私の市役所でも、一応、民間企業の真似事として、人...
  • 配属先は激務か楽か 部署によって忙しさに大差がある 公務員の忙しさは、部署によって激しく差...
  • 本庁の残業 100時間を越える残業 お気楽な市役所の中にも、激務な部署はあります。...