出世できるのか


係長への昇任

中途採用で公務員に転職した後に、出世できるのか不安に思う方もいると思います。

結論から言いますと、民間会社の純血主義とは雰囲気がことなり、転職組も普通に分け隔てなく扱われています。民間では考えられないことです。

私の同僚の事例では、35歳くらいで係長に昇任(昇進)して、順調に出世街道に乗っております。この先輩は出世意欲が旺盛で喜んでおられました。

私自身は、出世には無頓着ですが、採用された数年後に係長昇任試験を受けました。否応なく受けさせられたのですが。競争率は10倍くらいでしたが、合格してしまいました。

近いうちには係長です。全然嬉しくありません。

係長に昇進しても、給料は2万円くらい増えるだけで、責任と仕事の量が大幅アップです。民間では平社員の方がバリバリ働いて、管理職がのんびりするイメージですが、公務員は逆です。

万年平社員が開き直ってしまっていますので、難しい仕事は管理職に押し付けてくるのです。

出世と年収

公務員は年功序列で給料が上がっていきますので、昇任しようが、しまいがあまり給料に変化はありません。ずっと平社員(係員)でも給料は上がり続けます。

同じ平社員でも、年齢によって主任、統括主任と名称が変わっていきます。仕事も責任も全然大きくなりませんが、定年までに年収1000万円まで上がっていきます。

係長になると、管理職手当がもらえるのですが、残業手当(時間外手当)が出なくなります。ですので、昇進してもしなくても、年収ベースでほとんど変わらないという残念な結果になります。

一番幸せな生き方は、ずっと平社員でお気楽に過ごして、定時になったら即帰る。これが一番だと思います。

私は上司に期待を掛けてもらうと、責任感が沸いてきて、結構頑張ってしまうんですよね。公務員の世界では、これは損な性格だと思います。

年下の先輩

30歳から35歳前後で転職をするということは、当然ながら、年下の先輩職員がいるということです。この人達との関係についての実態です。結論から言いますと、お互いに立場を尊重して上手く付き合っていられます。

ある程度大きな民間会社では、大卒(新卒)採用がほとんどで、転職組はごく少数の特殊な存在でした。あるとすれば、例えば、部長級として招聘されるなどです。

私の勤務する市役所では民間経験者採用を10年程度前から実施しており、多数の採用実績があります。市役所には、年上だけど後輩という関係が普通にある状態です。お互いに敬語で話をするという状態です。

そういうものだという雰囲気で、お互いに、特段ギクシャクはせずに付き合っていると思います。

年下の上司

公務員の給与は年功序列で上がっていきます。しかし、役職は年功序列というわけではありません。

同じ新卒採用(上級職)でも、年下が先に管理職になる場合も珍しくありません。ここに、民間経験者採用の人は係員(平社員)からスタートしますので、当然、年下の上司に当たることもあります。

また、試験による採用(試験採用)とは別に、技能・労務職員と言いまして、別枠で現業職を採用しています。給食のおばちゃんは、ごみ収集のおっちゃん、下水処理場のおっちゃん、公用車の運転手などです。

試験採用とは、別枠で個別に採用しています。縁故のツテをフル活用して、私の市役所では、数年前までコネ採用で大勢入庁してきておられました。この人達は当然、管理職には昇任しませんので、部下が年上という事態は普通に起こっています。

公務員の人は、年上の部下とも普通に付き合っていますので、特段心配するようなことはありませんでした。

独学では不安なら

個人サイトの体験談というミクロな視点のほかに、大手予備校の講座というマクロな視点も情報として役に立ちます。アビバの公務員講座では、30才代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。講座の内容を知りたい方は資料請求をしてはいかがでしょうか(無料)。



さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座もあります。興味がある方は、まず、資料請求することをお勧めします。 アビバの公務員講座

関連記事

  • 筆記対策 勉強時間 会社に勤めながら筆記試験の勉強をするのは、基本的に無理があり...
  • 採用されにくい人物像 私は民間会社の人事部で勤務していましたので、その経験談をお話しします。...
  • サイトポリシー 運営者情報 運営者名 : 転職管理人 連絡先  : komutenn@...