プレゼン面接・特殊な面接


プレゼン面接 発表テーマ(課題)の通知

プレゼンテーション面接を1次面接で課する市役所が多くあります。プレゼン面接とは、与えられた時間でプレゼン発表をして、その後に質疑に答える形式の面接です。私も受験したことがあります。

発表テーマは、筆記試験の合格発表の直後に届きました。事前には公表されていません。そこから面接までの2週間くらいの間で準備しました。

配達記録郵便で届きました。私は不在にしていて、しばらく放置した後、1週間後くらいに郵便局まで取りに行きました。この結果、準備期間のうち1週間が経過しており、残りの1週間で準備する羽目になりました。

準備の時間が少なくて厳しかったので、もっと早くとりに行く方がよかったと、後々思いました。

私のときの発表テーマは「今までの職務経験を具体的に説明し、それを○○市政にどのようにいかせるか」でした。

発表時間は3分で、ホワイトボード使用可です。要するになんでもよいので、職務経験を話してください、という意味のテーマなのだと思います。

どんな難しいことをさせるのだろうか、私にできるのだろうかと若干心配していましたが、誰でも実力さえあれば力を発揮できるテーマ選定でした。

発表の準備

通常、仕事でプレゼンテーションする場合、持ち時間の20倍くらいの準備時間が必要だと思います。その割合で考えますと、準備時間は60分ということですが、もっと入念に時間を掛けて、準備しました。

既に、筆記試験の職務経験論文を書いていますので、それをベースに時間に合わせて組み立てなおしました。

およそ2時間~3時間くらい掛けて、プレゼン内容を精査し、論文試験の内容を再構成しました。

私の場合は、遊休地の売却の仕事について、従業員への説明、会社役員への説得、地元住民への説明会で苦労した点、心がけた点を話して、住民参加の自治に向けて、住民と話し合いを重ねて、政策の具体化を進めていきたい旨をプレゼンテーションしました。

ホワイトボードも簡単に使いました。「使用してもよい」という条件でしたので、使わなくてもよいのですが、話一辺倒になると、思いが伝わりにくいだろうと思い使用しました。

当日、ほかの受験生に話を聞いてみたところ、概ね、皆さん使用していたようです。

ホワイトボードに文字を書くのは思ったよりも時間を浪費してしまいますので、主に図を描いて、分かりやすく説明するようにしました。

持ち時間は3分間だけでしたので、ボードはメモ代わり程度という思いでした。

練習

練習として、ストップウォッチで時間を計ってリハーサルをしました。その時の調子によって、2分半の場合もあり、4分になる場合もあり、振れ幅が大きいことが分かりました。

身振り、手振りや丁寧な説明を加えると、とたんに時間が掛かってしまいます。この3分間はアドリブを禁止にして、身振りまで含めて練習しました。1回の練習が3分前後で終わりますので、そんなに苦痛ではありませんでした。

ホワイトボードに文字を書く時間も結構かかるので、実際にノートに書いて計測しました。

プレゼンテーションの内容をまず固めた後は、技術的なプレゼン手法を重点的に練習する方がよいと思います。

プレゼン後の質疑応答では、まず、プレゼンに関する内容について質問を受けました。これについては、経験してきた業務を丁寧に回答しました。

次に、不意にプレゼンとは無関係である志望動機や○○市との所縁も質問され、一瞬ぎょっとしました。

今回の面接はプレゼンだけで、志望動機や自己PRは二次面接で問われると思っていましたが、違いました。プレゼン面接と言えども、面接ですので、普通の質問も聞かれるということです。

コンピテンシー面接

「今の仕事で苦労した経験はなんですか?」

これは、近年流行っているコンピテンシー面接の質問方法です。コンピテンシー面接とは、「将来、何をしたいのか」ではなく、「過去に、何をしたのか」を聞く手法です。

採用面接の手法として、5年くらい前からコンサル会社主導で、日本の企業に導入が進みました。

面接では、この質問を受け、できるだけ具体的に話すように求めらられましたので、「私が人事部で、人事給与システムの入れ替えをした経験」を具体的に時間を掛けて回答しました。その後に、定番の次の質問がきました。

「それをどのようにして乗り越えましたか?」

このように、「過去にどのように難局を切り抜けてきたか」を聞かれます。どのような思考パターンで、どのような点に注意をしながら、仕事を進めてきたかがはっきりしますので、人物の評価がしやすいという手法です。

私は前職で人事部に所属していたおかげで、コンピテンシー面接というものを知っていましたので、スムーズに回答できました。

コツとしましては、質問で求めれらるように、できるだけ具体的に、詳細に回答することです。面接の場ですので、あまり謙遜すると損しますので、成果を挙げたのなら、その部分をキチンをアピールすればよいと思います。

過去の行動を思い出しながら、具体的に説明することが求められます。事前に、時系列を追って簡潔に整理しておくと、的確な受け答えができ、好印象になると思います。

圧迫面接

一昔前は、圧迫面接で、その人のストレス耐性を計ることも多々あったようですが、最近ではほとんどされていないようで、私もされませんでした。

質問に対する答えが具体的でなかったため、面接官に深く突っ込まれただけなのを、圧迫面接だと勘違いする人もいますが、別物です。

圧迫面接とは、どんな答えをしても、強い口調でイチャモンをつけて、クレーム対応のスキルや心理的な強さを見る手法です。

最近では、会社の評判が落ちる原因になってしまいますので、民間の会社でもあまり用いない手法になってしまいました。

独学では不安なら

個人サイトの体験談というミクロな視点のほかに、大手予備校の講座というマクロな視点も情報として役に立ちます。アビバの公務員講座では、30才代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。講座の内容を知りたい方は資料請求をしてはいかがでしょうか(無料)。



さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座もあります。興味がある方は、まず、資料請求することをお勧めします。 アビバの公務員講座

関連記事

  • サイトマップ はじめの一歩 ・ 転職への思い ・ 幸せな転職 ・ 会社の辞め方 情報...
  • 面接での実際の質問1 本命市役所の1次面接、最終面接で聞かれた質問、腕試しで受けた他の市役所...
  • 筆記対策 勉強時間 会社に勤めながら筆記試験の勉強をするのは、基本的に無理があり...