公務員の給料


年収

私が勤めていた会社は、東証1部上場で、製造業です。連結ベースで、従業員3000人ほど、売上3000億円ほどです。業界別では、トップではないですが有名企業ではあります。

給料はあまり高くなく、30歳で転職したのですが、その時点で、年収550万円ほどでした。

地方公務員に転職後は、初年度の年収は540万ほどで、少し減少しました。その後の年収は、基本給は定期昇給で1年ごとにおよそ15万円ずつ増えていっています。

ただ、実際の年収は年によって残業時間の影響でブレが大きく、実際の推移としては、15~30万円くらいずつ増加しました。

(1年目)
残業が毎月50時間ほどで、年度末の業務繁忙期には200時間近くになりました。過労死の認定基準を大きく超えた残業時間でした。

(2年目)
業務分担を見直してもらい、残業は毎月10時間ほどに落ち着きました。

(3年目)
残業は10時間ほどでした。ヒマで手持ちぶさたな日々もありました。

(4年目)
新たな部署に人事異動して忙しくなりました。残業は20時間~30時間でした。

(5年目)
同じくらいの残業でした。

特殊勤務手当

地方公務員は、各種手当が充実していると世間では言われています。特殊勤務手当、特異性手当など、諸々の手当で手取りがかさ上げされていると、週刊誌に書かれています。

しかし、そのような手当は、給食のおばちゃんやごみ収集のおっちゃんなどの現業系の人に当たっているものです。試験採用で入庁した私には当たりません。これが現業天国と言われている所以です。

残業

民間会社の時代には、毎月30時間くらい残業をしていました。

地方公務員になってから、年にもよりますが、おおむね残業は減りました。忙しい時期はもちろん残業があり、月60時間くらいするときもあります。

平均すると月15時間くらいで、家も近いですので、6時30分には帰宅してニュースを見ながら晩ご飯を食べています。

職場には、残業をするという雰囲気がなく、5時15分の終業のベルがなると、5分以内に半分くらいは退庁してしまう感じです。

地方公務員は、単純に一人当たりの仕事の量が少ないということではありません。こき使える職員に多くの仕事を割り振って、そうではない職員、使えない職員にはほとんど仕事を与えません。

職員によって業務分担の量に大きな差がありますが、給料は一緒です。

あまりにヤル気のない職員は、5時にはパソコンを閉じて瞑想モードに入っている困った職員もいて閉口します。

ほとんど仕事が当たらず、周りがカバーし、その人は給料を貰っているだけのお荷物の職員がいる職場では苦労が多いです。

サービス残業

働くうえで気になる点は、サービス残業の有無です。モチベーションに関わる問題です。

私は、一時的に業務が集中した時期には、労使協定を超えて、こっそり残業もしました。その分の超勤手当は翌月に繰り越してもらいましたので、サービス残業は基本的にしていません。

サービス残業があるかないかは、自治体によって異なります。私の市役所では概ね少ない方です。しかし、部署によっては、残業手当が付く時間の上限が決められていて、それを超えたらサービス残業の部署もあります。

基本的に、区役所など出先機関の職員はそもそも残業が少なく、サービス残業もほとんどありません。一方、総務局などの重要な部署ほど残業が多く、上限を越えてしまい、結果としてサービス残業になってしまっています。

どこの部署に当たるかは「運」です。使える人間ほど、厳しい部署に当てはめられる傾向は強いですので、使えないオーラを出しておくと得をする世界です。

民間企業では労働基準法違反ですが、地方公務員には労働基準法は適用されていませんので、36協定もありません。

近年、民間企業では、労働基準監督署からサービス残業について厳しく指導や指摘を受けている会社も多くあります。私の前の会社もそうでした。

しかし、公務員では、人事委員会が労働基準監督署に代わる機関ですが、たいした指導はしてくれません。

会議費・交際費

給与以外の収入で大きいのが、夜の飲み代について、会社がお金を出してくれるかです。私の勤めていた会社では、社外の人と一緒に行けば交際費、社内の人だけならば会議費という費目で、どちらにしても会社持ちでした。

どのくらい使えるかは、明確な基準はありませんでしたが、「常識の範囲で」となっていました。

私の在職中には、年間で1500万円ほどの会議費を使い込んだ社員がクビになるという事件もありましたが、普通の人は、細々と使っていました。

私も毎月数万円だけ経費で落としていました。

公務員になって驚いたことは、飲みにいったら、全部自分たちで負担するということです。職場の歓送迎会くらい、余裕で会社持ちでいいと思うのですが、これも実費です。

さすがに歓送迎される人の分は上司が出してくれるのですが、上司も大変です。

世の中では公務員バッシングの嵐ですが、結構、民間企業(一流企業)の方が優遇されていたと思います。

親睦会費

また、課内の親睦旅行会も、給料から毎月5,000円の積み立てをしていますし、自分のお金です。

旅行と言っても、仕事上の付き合いですし、前の会社では、1人当たり3万円は出してくれたのに、市役所からは1円も払ってくれません。清く正しい公務員生活です。

公務員は福利厚生がいいとはいったい誰が流しているデマなんでしょうか。

同じ民間会社と言っても、この当たりのグレーはお金については、会社によって差が大きく、そもそも一切禁止で、その分給料がもっと高いとかという会社もあります。

そういう人にとっては、スッと受け入れられるのかと思います。

世の中には、公務員を妬んでいる方が多いと思います。妬む側から、妬まれる側になるために、転職することをおススメします。

独学では不安なら

個人サイトの体験談というミクロな視点のほかに、大手予備校の講座というマクロな視点も情報として役に立ちます。アビバの公務員講座では、30才代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。講座の内容を知りたい方は資料請求をしてはいかがでしょうか(無料)。



さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座もあります。興味がある方は、まず、資料請求することをお勧めします。 アビバの公務員講座

関連記事

  • 公務員の福利厚生 福利厚生制度は充実していない 公務員は福利厚生が充実!と言われています...
  • なれる公務員の種類 国家公務員と地方公務員の違い 地方公務員になるためには、まず、公務員(...
  • 筆記対策 勉強時間 会社に勤めながら筆記試験の勉強をするのは、基本的に無理があり...