社会人採用の情報収集

社会人になった瞬間から脱サラ希望

私が初めて「公務員になりたい!」と思ったのは、新卒で民間会社で働き始めた4月でした。すぐやん(笑)。

働き始めたといっても、そのときはまだ研修を受けている段階で、サラリーマンとしての仕事はまだ何もしていません。

転職うさぎ
市役所って公務員予備校に通わないと合格できないのかな?
面接官かめ
民間経験者枠では法律の専門知識は求められませんよ

東証1部の大手メーカーに勤務していましたが、会社の風土は「滅私奉公」、この一言に尽きます。早速、違和感を感じて嫌気がわいていました。

私は、趣味のスポーツの時間や友人との時間を大切にしたいという考え方でしたが、仕事後や休日に趣味に興じている人は社内では超少数派でした。

業務後の夜中にジョギングしていると社内で言ったら、変人扱いでした(笑)。

仕事に没頭することこそが美学。伝統的な日本の会社にありがちな会社でした。うちの会社でよく言われていた言葉は「Work harder, Work longer!」。よく働け!長く働け!ですね。

前半のよく働け!は分かるんですが、後半の長く働け!の部分の意味不明でした。もうアホかと。

そこで、さっそく4月に公務員試験について調べ始めました。大手予備校の公務員講座も調べました。そして、第1志望の地元市役所は、大卒での年齢制限が厳しく、来年の試験がラストチャンスであることが分かりました。

すぐにでも退職して試験勉強を始めようかと迷いましたが、そのときは、一旦、思いとどまりました。公務員試験は競争率が結構激しいので、一発合格だけを目指すリスクを考えたのです。

その市役所には「民間経験者採用」という枠があり、5年以上の職務経験があれば社会人から転職が可能でした。これを目指すことにして、当面は今の会社で5年間職務経験を積む道を選びました。

公務員試験にも中途採用があるんです。結果的にこれが正解でした。やったね!

一般的に公務員試験では、入社数箇月で会社を退職して大卒枠で公務員試験に再チャレンジする人は珍しくありません。しかし、大体は「こらえ性がなく、計画性もない人物」という評価が面接試験で下され、不合格になることが多いのです。

仮に、私が会社を辞めて翌年の公務員試験に失敗していた場合、就職氷河期の時代でとてもまともな職には再就職できる環境ではなかったため、その後、派遣社員や非正規労働で人生を棒に振っていたかもしれませんでした。

社会人採用で市役所を目指す

地方公務員に就職するためには、「公務員試験」に合格しなければなりません。

公務員試験というと、公務員を目指したことがない会社員の方にとってはハードルが高く、身構えてしまうと思います。しかし、特殊な勉強は不要でした。大卒の上級試験のような法律の難しい勉強も不要でした。

私は、不遇な会社員生活を享受している方には地方公務員への転職をおすすめします。特に失われた世代と呼ばれている方に強く推奨します。

30代~40代になりますと、そろそろ公務員転職には不利な年齢になってくるからです。30歳での転職は普通のことですが、40歳で転職しようとすると厳しくなってきます。

就職環境が好転している近年でも、自身の会社に不満を持っている若手社員の方も数多くいると思います。その場合、できるだけ早い決断が必要です。

転職というと、高い壁を感じてしまいがちですが、地方公務員へ転職するためには、特段、特別な専門知識は必要ではありませんでした。

重要なことは、今の会社が駄目なら転職も視野に入れることです。そして、公務員試験にもチャレンジしてみることです。

転職うさぎ
最初の会社に一生いる時代じゃないよな
面接官かめ
そうです
途中で人生を見つめ直すのもアリですね

私は、社会人5年目に転職活動を始め、その年は地元の市役所、会社の近くの市役所、そして、東京都庁などの4つを受験しましたが、全て不合格でした。仕事が忙しく、なかなか情報収集が追いつかなかったのが実情でした。

そして、翌年はとにかく情報を集めました。社会人の中途採用について詳しく調べて、1年間掛けて準備しました。その結果、第1志望の地元の市役所に合格しました。現在、「行政職」(いわゆる事務職)として市役所に勤務しています。

市役所に転職するノウハウ

私が地方公務員に転職しようと目指した時代は、市役所の社会人採用の先駆けの時代でした。実施している市役所も少なく、なかなか公務員試験の生の情報が手に入りませんでした。

当時は2ちゃんねるに経験者採用のスレッドが細々と立てられていて、少ない書き込みの中から、情報を拾っていました。

しかし、合格者の体験や実際の面接の様子をなかなか知ることができず、試行錯誤で臨みました。

現在、いわゆるキャリア採用として、市役所でも経験者採用試験が一般的に広まってきました。私は、私と同じように苦労をしてきている方には、地方公務員に転職して、満足のいく社会人生活を手に入れていただきたいと思っています。

そのため、私が市役所に転職する過程で経験した全てを本サイトに取りまとめました。

筆記試験対策や面接対策、会社にばれる心配はあるのか、給料はどうなるのか、出世できるのかなど、本サイトは市役所への転職希望者の皆さんの全ての疑問にお答えできる自信があります。

転職うさぎ
やっぱり転職は不安だな~
経験談も聞きたいな
面接官かめ
転職は情報戦です
経験者の声は貴重な情報源ですね

インターネット全盛のこの時代、重要なのは情報収集の仕方です。ガセネタや噂には惑わされずに、ぜひしっかりとした情報源を見定めて、自らの夢をかなえてもらいたいと願っています。

自画自賛になってしまいますが、本サイトはそれができるサイトだという自信があります。

独学では不安なら

本サイトでは、個人の体験談というミクロな視点で社会人試験を解説しています。そして、公務員試験をさらに理解するためにはマクロな視点も役に立ちます。

大手予備校の講座というマクロな視点も情報として有効なのです。マクロとミクロの融合です。

社会人でも受講できる公務員講座で有名なのは、アビバの公務員講座です。アビバの公務員講座では、30代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。

転職うさぎ
社会人向けの講座もあるんだね
面接官かめ
まずは資料請求で正確な情報を知ることです

講座の内容が知りたい方は、詳しいパンフレットを郵送で取り寄せることができます。

情報収集のコツは、今できることを後回しにしないことです。結局、仕事が忙しくでズルズルとチャンスを逃してしまうことが一番もったいないです。

近所の教室を選択して資料請求ボタンを押してください。希望講座は公務員上級を選択します。なお、教室は全国に100箇所以上あります。

たったこれだけで公務員講座のパンフレットが届きます。

資料請求の段階では、事務職なのか技術職なのかという細かい区分まではなく、公務員の全体的な視点のものになっています。全体を俯瞰する視点で検討できます。

さらに、本気で社会人試験の情報収集をしたい場合、パンフレット到着後に最寄の教室を訪問するのがおすすめです。色々と合格のヒントがもらえます。

社会人にとっては必須事項なのですが、アビバの講座は、平日の夜や休日に受講でき、通いやすい点が大きなメリットです。もちろん、急な残業で欠席の場合も電話1本で出欠の変更ができます。

半年から1年程度までの長期的なスケジュール感で公務員転職をしようとしている方に最適です。

アビバの公務員講座

本サイトで繰り返し説明していますが、社会人試験では面接対策が大事です。しかし、面接のトレーニングや練習というものは1人ではなかなかできません。

アビバの講座では、この面接対策が充実しているのです。経験豊富な専任の担当者が実践指導してくれます。もちろん個別指導です。

この面接指導というのが、講座最大のメリットです。独学で公務員試験を突破する自信がない方や、少しでも合格の可能性を高めたい方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座も豊富です。簿記や宅建、社労士などに視野を広げてみたい方にも役に立ちます。

興味がある方は、まず、資料請求することをおすすめします。

公務員転職の役立ち情報

市役所への転職に当たって、能力だけではなくメンタリティの側面に着目して、市役所職員に適した性格・不適な性格を解説するページを作成しました。

適した性格・不適な性格

みなし公務員などの団体職員は公務員と遜色のない職場です。団体職員の求人は転職サイトで募集されており、その活用方法や転職活動に適した時期などを解説するページを作成しました。

団体職員という穴場を狙う

関連記事

  • 社会人面接の質問と対策 要求水準は高い 大卒の公務員試験で聞かれることのほかに、社会人特有の質...
  • 選考採用のコネ もう1つの採用方法 世の中には、できるものならコネ採用や縁故採用で楽し...
  • 市役所の中途採用 中途採用で市役所の職員になる方法 公務員に転職したい場合、数多くある公...