面接での合格のサイン


不合格のサイン

面接の際、「まるでお客様のように丁寧に応対されたら脈ありの印。」と勘違いしている受験者もいるかと思いますが、これは真逆です。完全に脈なし、不採用のサインです。

これは公務員の面接でも、民間企業の面接でも同じことです。

いくつかの市役所を受験しましたが、面接の最中に、面接官が急に丁寧になって、終わった後も、丁寧に面接室から見送ってくれるようなことが何回かありました。

一見、手応えがあり、好感触のような気分になりますが、これはお客様扱いされていて、不採用ということです。お祈りフラグが立ったと思ってください。

不採用になったら、今後は、大切な市民や取引業者としてお付き合いをすなくれはなりません。

少なくとも、採用試験に応募してきてくれる時点では、その市役所や会社に興味があり、現時点で、ある程度のファンであることは間違いありません。

今後も円滑な市政運営をするために、丁寧な応対に努めているのです。もはや、クレーマーや苦情を生まないための市民応対・お客様対応の一環です。

これを脈ありと勘違いして、脈ありだったのに、突然不採用になったと勘違いしてしまう場合がありますので、注意が必要です。

合格の手応え

逆に、受かった面接試験では、私の考えや、市役所業務への考え方、今後の人生プランに厳しくツッコミを入れられました。

これが合格フラグでした。

曖昧な答えでごまかして流そうとしても、いちいち確認をされ、ひどく疲れる面接でした。そのような場合、たいてい次の面接に進めていました。

面接で、一見してアウト、完全に不採用だなと思われた場合、面接官はいちいち叱ったり、注意をしてくれません。ただ、ニコニコ笑いながら、D評価を付けて落とされてしまうだけです。親切な扱いは、お祈りフラグです。

どこが悪かったのかは教えてもらえませんので、これを機会に自分で反省をして、別の市役所の面接の際には同じ失敗をしないように気を付けるしかありませんでした。

合格ラインの場合、本当に採用してもよい人材かどうか、興味深く取調べのように精査されますので、結果として、厳しく当たられてしまうようです。

企業は落とすために会うことはない

転職活動においては一つの真理があります。それは、選考企業では書類選考は落とすために行ないますが、面接は採用するために行なうということです。

中途採用の選考では、選考企業に物凄い数の応募書類が届きます。特に公募による選考では職務経験のない方も応募してきます。

選考企業では全ての応募者と面接するだけの時間的な余裕がありませんから、明らかに自社の選考基準に満たない候補者に関しては、書類選考の段階である程度まで候補者を絞り込む必要があります。

まさに書類選考は候補者を落とすために行なわれます。

書類選考を通過した候補者だけが面接に進むことになりますが、選考企業においては候補者を落とすために面接をすることはありません。可能性のある候補者だけを絞り込んで会うわけですから、全ての候補者が採用を前提として面接されるのです。

もちろん、選考企業では面接に進んだ候補者をある程度はランク付けしています。

募集スペックにほぼ合致し楽々と書類選考をクリアする候補者もいれば、逆に、ややスペックから外れてはいるけれど、応募書類の内容から人物としての可能性を感じるので「会うだけ会ってみるか。」という感じで、最後の一人として面接に進む候補者もいます。

一つだけ言えることは、選考企業では、ややスペックから外れていると思われる候補者であっても、もし5年後のエースになれる人材であれば採用しようという意識で面接をします。

スポーツに例えると、予選の結果はゼロに戻して決勝は一発勝負となるのです。

歓迎される人物として迎えられる

通常、中途採用の面接は会社の会議室で行われます。そして、候補者が面接のお部屋に入っていく時は、全ての候補者が歓迎される人物として入っていきます。

決して怖がることはありません。臆することも卑屈になることもありません。例え採用人数が一人であっても、面接に呼ばれた候補者は全員が採用を前提として面接されるのです。

面接では、まず自分から面接官に対して胸襟を開くことを心掛けてください。自分の直属の上司になるかもしれない人なのですから、面接官は敵ではありません。むしろ味方と言った方が良いくらいです。

面接官からの質問には、素直な自分の気持ちを伝えることです。必要以上に警戒することはありません。この質問は何かの罠なのではないかと邪推すること必要もありません。

さらには、自分は面接に進んだ候補者の中ではどのくらいの評価なのだろう、と考えることもありません。余計なことは考えずに、純粋に面接官との会話を楽しみましょう。

転職活動では、内定が出た候補者から次のような言葉を聞くことがあります。それは「面接官の方に助け舟を出してもらった。」というものです。この言葉は採用面接の真理を言い当てています。面接の結果を左右するのは直属の上司になる人との相性なのです。

まだまだ成長の余地のある30歳前後の人材の面接では、面接官は育ててみたいと思った候補者を採用します。不合格になることを恐れてはいけません。面接とは採用するために行なわれるのです。胸襟を開いて相手の懐に飛び込むことです。

独学では不安なら

個人サイトの体験談というミクロな視点のほかに、大手予備校の講座というマクロな視点も情報として役に立ちます。アビバの公務員講座では、30才代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。講座の内容を知りたい方は資料請求をしてはいかがでしょうか(無料)。



さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座もあります。興味がある方は、まず、資料請求することをお勧めします。 アビバの公務員講座

関連記事

  • 面接での実際の質問1 本命市役所の1次面接、最終面接で聞かれた質問、腕試しで受けた他の市役所...
  • 面接での実際の質問2 市役所の1次面接、最終面接で実際に聞かれた質問集の続きです。 「転職に...
  • 面接での注意点 質問されるポイント 「自己PR」と「志望動機」の2点だけ、しっかり考え...