人材紹介会社の選び方


人材業界はデパートと専門店の二極分化

これから転職活動を始めようとする人においては、人材紹介会社への登録を考える人も多いことと思います。プロスポーツ選手のように自分自身のエージェントとなり得るのが人材コンサルタントです。

ここでは人材紹介会社の選び方をアドバイスします。

まず、人材紹介会社と言っても、ものすごい数の会社があります。全国に支社のある大手の人材紹介会社から、数名で経営しているような小さな会社まで様々です。現在の人材業界を一言で述べるなら、業界は完全に二極分化しています。

1つ目の勢力はテレビCMを出稿できるほどの財力を持つ大手の人材紹介会社です。例えるならばデパートと言えます。大手の会社では、あらゆる分野のあらゆる職種を扱っています。

そして、もう1つの勢力は、特定の業界に特化した人材紹介会社です。例えるならば専門店と言えます。

人材紹介会社を探そうと思っている方には、特定の業界に特化した専門店的な会社をお勧めします。理由は、専門店の方がエージェントとして頼りになるからです。

保有案件はどの人材紹介会社でも同じ

中途採用により人材を補充しようと考えている企業では、通常は契約している全ての人材紹介会社に対して平等に募集案件を出します。

時折、特定の人材紹介会社のみに依頼される案件もありますが、それは執行役員以上のハイレベルな人材に限ります。30歳前後の若い人材を対象とした案件については、各社に平等に募集情報が渡されます。

したがって、どの人材紹介会社に行っても、候補者の前には同じ募集概要の書面が置かれます。ここまでの流れは、デパートでも、専門店でも同じです。違いが出るのはここからです。

違いが出るのは面接へ進めるかどうか

特定の業界に特化している人材紹介会社のコンサルタントは、その業界の出身者です。

例えば、IT専門のコンサルタントが元エンジニアだったり、広告専門のコンサルタントが元グラフィックデザイナーだったりします。この他、医療、金融、アパレルなどの各業界で長年実務に携わってきた人が、自分の業界に特化したコンサルタントになっています。

専門店のコンサルタントはその道のプロです。したがって、職務内容の説明も的確ですし、今回の募集の背景についても業界動向と合わせて説明してくれます。

さらに、候補者がその案件で採用される可能性についても、コンサルタントの個人的な見解を率直に話してくれます。そして、採用の可能性が低ければ、低いなりの方策をアドバイスしてくれます。

企業の求めるスペックとかなり合致している候補者は、どこの人材紹介会社から出願書類を提出しても面接に進みます。しかし、多少スペックから外れている人は専門店的な人材紹介会社から提出した方が面接に進める確率が高くなります。

なぜなら、募集企業と同じ業界の出身者であれば、今は経験が足りない人材でも、近い将来必ず戦力になるということを企業に説得できるからです。

「とにかく会ってください。」と言われて、「そこまで推薦するなら会いましょう。」と募集企業に言わせることができるのは、業界出身者だからこそです。候補者にとっては頼れるエージェントと言えます。

人事担当者からの接触

いよいよ転職・再就職活動に入ります。準備を終えて目的とする企業に応募することになります。転職サイトを活用しているのであれば、そのサイトから企業応募します。その段階で書類審査に入ったと考えてください。

次に、多くの場合、人事担当者からメールで返信がきますので、読み落としたり、間違ってゴミ箱に捨てないようにしてください。この時、面接の候補日程や時間の指定がありますので、丁寧な語調で返信しましょう。

また、一方では、「募集定員に達しました。」「書類審査の結果、今回は残念ながら・・・。」という文書やメールが届いた場合にも、同じように丁寧な返信をしておくことが、社会人としてのマナーとなります。

例えば、文例を示しますと、「この度は、私にとりまして誠に残念な結果になってしまいましたが、私の力不足もあり、御担当者様には貴重な時間をいただきありがとうございました。貴社の今後の益々のご発展をお祈り申し上げております。」などの簡潔な文が良いでしょう。

現在ではほとんどが転職サイトに記入した履歴書、職務経歴書で判断され、面接段階に進むことは書類選考がパスしたことになります。

面接前に注意すべき点としては、日程、時間設定など余裕をもってスケジューリングすることです。

基本的なことですが、多くの企業へ応募し、多数の面接を行うと、ダブルブッキング等のミスを犯しがちですので十分気をつけてください。さらに、現職中の方は現職での仕事との兼ね合いも重要になります。

「もうすでに辞めると決めているので適当に休む。」では何らかの不具合が発生する場合が懸念されますので、できる限り現職に支障のない範囲でスケジューリングすることが大切です。

専門的な情報収集

面接日時が決定されれば、できる限りの情報をサイトを通じて手に入れることにしましょう。これは新卒の時に経験済みだと思いますが、募集職種を中心にして情報収集してください。

例えば、「○×関連事業における営業職」関係であれば、当然、この「○×事業」についての情報、つまり、この企業における位置付け(組織図)、人員数(規模)、事業のトップ(同族会社であれば重要)、会社沿革からこの事業ができた年や経緯などの情報を読み解き覚えてこくことです。

さらに、こうした情報収集中に感じた疑問や質問、あるいは自分がこの事業の営業でどのような貢献ができるのかを言葉に出して言えるようにしておくことが大切です。

なんとなく、給料もいいし、楽そうだからという印象を持ったとしても、決して面接時には禁句としてください。どのような職種でも程度の差こそあれ、それなりの苦労や苦しみがあるはずなので、気軽に口にすべきことではありません。

その他の情報収集

さらに、情報として日経産業新聞、日経工業新聞などの公式サイトで発表されている当該企業情報、過去1年間の株価推移も重要です。株価推移は平均株価の金額と1年間のトレンドを見ておくだけでいいです。

次には、以上のような公式、経済的な情報以外に、口コミサイト、2chサイト等も事前に調べておくことも一案です。

ただし、バッシング、非難、否定的発言がこれらのサイトではどのような優良企業でも付いて回るものなので、そうした言葉に惑わされることがない自信を持ったうえで閲覧するようにしたいものです。

独学では不安なら

個人サイトの体験談というミクロな視点のほかに、大手予備校の講座というマクロな視点も情報として役に立ちます。アビバの公務員講座では、30才代の社会人でも目指せる公務員試験対策を実施しています。講座の内容を知りたい方は資料請求をしてはいかがでしょうか(無料)。



さらに、転職に有利な公的資格やビジネス資格対策の講座もあります。興味がある方は、まず、資料請求することをお勧めします。 アビバの公務員講座

関連記事

  • 会社の辞め方 辞意の伝え方 会社を辞められることはハッピーでした。しかし、退職を会社...
  • サイトマップ はじめの一歩 ・ 転職への思い ・ 幸せな転職 ・ 会社の辞め方 情報...
  • 会社にばれないか 会社の同僚への相談 人生における危機管理の常識だと思うのですが、転職活...